特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

平成25年度の改正内容

65歳以上の離職者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、1年以上継続して雇用する労働者として雇い入れた(※)事業主に対して、賃金の一部を助成

(※)1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れ、1年以上雇用することが確実であると認められること

 

助成金の概要

65歳以上の離職者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、1年以上継続して雇用する労働者として雇い入れた(※)事業主に対して、賃金の一部を助成する。

(※)1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れ、1年以上雇用することが確実であると認められること

受給するための条件

ハローワークまたは一定の要件を満たす民間の職業紹介事業者(※)からの紹介により、新たに65歳以上の高齢者、身体障害者、知的障害者、母子家庭の母等を雇い入れた会社が活用できます。

※一定の要件を満たす民間の職業紹介事業者とは、厚生労働省職業安定局長の定める項目に同意し、本助成金に係る取り扱いを行う旨を示す標識の交付を受けている有料・無料の職業紹介事業者です。

支給額

対象支給額期間支給対象期別支給額(※2)
短時間労働者以外の者 50(90)万円 1年 第1期25(45)万円、第2期25(45)万円
短時間労働者(※1) 30(60)万円 1年 第1期15(30)万円、第2期15(30)万円

注意:()内は中小事業主に対する助成額です。

  • 短時間労働者: 1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の者
  • 短時間労働者以外: 1週間の所定労働時間が30時間以上の者

アドバイス

  1. 助成金の支給後も引き続き、対象となる従業員を1年以上雇用することが確実である事業主に支給されます。
  2. 対象となる従業員が雇い入れ日の前日から過去3年間、ハローワーク等の紹介日以前に、パート、アルバイト等で雇用されていた(就労していた)場合、または紹介日以前に採用内定がある場合は、助成金は支給されません。
  3. 対象となる従業員を雇い入れる前日の6か月前からその後1年間に、雇用する従業員を事業主の都合により解雇等(退職勧奨も含む)している場合、助成金は支給されません。

助成金申請のご相談は

助成金の申請についてのご相談は、三重県助成金情報センターまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
下記の会員の社会保険労務士事務所から、ご依頼内容に合った社会保険労務士をご紹介致します。

会員の社会保険労務士

[お問い合わせ先]

  • 助成金活用喜びの声
  • あなたが受給できる助成金は?無料 助成金受給診断はこちらをクリック