高年齢雇用継続基本給付金

給付金の概要

高年齢雇用継続給付は、「高年齢雇用継続基本給付金」と基本手当を受給し、60歳以後再就職した場合に支払われる「高年齢再就職給付金」とに分かれますが、雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の一般被保険者が、原則として60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満に低下した状態で働き続ける場合に支給されます。

受給するための条件

  1. 60歳以降に定年後の再雇用等により賃金が75%未満に下がった場合に雇用保険から支給されます。
  2. 60歳から65歳に達する月までの期間において、60歳時点に比べて賃金が75%未満に低下したときに、 給付金が支給されます。支給額は賃金の減額割合に応じて段階的に規足されており、賃金61%未満に低下した場合には、低下した賃金額の15%相当額が支給されます。 

支給額

例: 60歳時点での賃金30万円で60歳以降の賃金が18万円の場合

     18万円 × 0.15 = 2.7万円が支給されます。

アドバイス

60歳を超える従業員は、厚生年金が支給される場合があるため、勤務形態の見直し等により賃金が低下しても、当該給付金を活用して従業員にとって最適な賃金設計を考えることが可能です。同時に、会社も労働保険料と社会保険料の節減が可能です。

※年金額は高年齢雇用継続基本給付会の支給額により調整されます。 

  1. 60歳以上65歳未満で、雇用保険の一般被保険者であり、被保険者であった期間が通算して5年以上あることが必要です。
  2. 支給対象月に支払われた賃金額が、支給限度額未満であること。(支給限度額は平成24年4月現在、344,209円。この額は毎年8月1日に変更されます。)
  3. 賃金の下がった理由が疾病または負傷などの従業員の事情によるものや、事業所の休業等など事業主の事情によるときは、賃金が下がらなかったものとみなされます。

助成金申請のご相談は

助成金の申請についてのご相談は、三重県助成金情報センターまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
下記の会員の社会保険労務士事務所から、ご依頼内容に合った社会保険労務士をご紹介致します。

会員の社会保険労務士

[お問い合わせ先]

  • 助成金活用喜びの声
  • あなたが受給できる助成金は?無料 助成金受給診断はこちらをクリック