三重県知的財産戦略策定支援事業

事業の概要

知的財産を経営戦略に活用したい中小企業者に対し、知的財産専門家を派遣して知的財産を活用するための戦略策定等を支援します。独自の技術基盤を持ちながら、知的財産として有効に活用ができていない等でお困りの場合は、是非ご相談ください。

対象企業

三重県内に主たる事業所を有する中小企業で、次の要件を満たす方が対象となります。

  • 知的財産を戦略的に活用し、経営の向上を目指す意欲があること。
  • 策定された知財戦略を実行することにより、支援の効果が期待できること。
  • 独自の技術基盤を持ち合わせていること。

支援内容

支援開始決定日から平成23年2月まで(概ね6ヶ月間)を目処に、知的財産専門家を派遣して以下の支援を実施します。
(1社あたり月2~3回程度、1回あたり2時間程度)

(1) 特許分析等の支援

① 特許マップ作成

・特許情報を図・表にまとめて活用しやすくしたもの。

・定まった様式があるわけでなく、用途・目的によりマップは異なる。

・異業種分野への進出や事業展開、技術シーズや特許保有企業発掘、異業種分野進出等の参考となる。

② サイテーション分析

ある特許における他の特許の明細書に記載された引用文献及び登録特許で、書誌事項の参考文献に記載されている引用文献を抽出し、その被引用回数の集計。2社間の技術関係等を分析。

③ 特許流通支援チャートの活用支援

汎用特許マップである特許流通支援チャートの活用方法等の支援。

(2) 特許戦略策定の支援

① 研究開発戦略策定等の支援

市場動向、他社特許との比較検討による研究開発計画の検討・策定。

② 知的財産戦略策定

利益とコストの比較、海外市場の動向、自社の製造・市場開拓・販売能力の検討と知財保護のノウハウ。

・出願方針 … 取得すべき知的財産の種類、知財の取得による利益とコストの比較による周辺特許の出願範囲の見極め、市場調査に基づく海外特許の出願国決定等

・活用方針 … 自社特許の実施(自社、一部・全部ライセンス、クロスライセンス、プール戦略、専用権設定)、他社特許の活用(他社からのライセンスの検討)

・保護方針 … 類似技術の検討、製法特許取得の検討、営業秘密の保護、他社からの知財に関するクレーム対応市場監視と自社知財保護。

(3) 事業化に向けた特許評価等の支援

① ビジネスプラン作成支援

② 特許等の評価に基づいた資金調達等の支援

採択企業数

年度当たり6社程度

選考方法

当センターに設置する委員会において、知的財産戦略への取組方針等についてプレゼンテーションを行っていただき支援対象企業を決定します。

※応募者多数のときは、書類による一次選考を実施する場合もございます。

費用負担

支援対象企業には、知的財産専門家の派遣に要する費用(謝金及び旅費)の1/6がご負担金となります。

※知的財産専門家の1回あたりの謝金は30,000円です。

(例) 知財専門家の1回の旅費が6,000円で、12回の派遣を受けられた場合

負担金額:(謝金30,000円+旅費6,000円)×1/6×12回=72,000円 

 

 

 

 

 


 

 

 

助成金申請のご相談は

助成金の申請についてのご相談は、三重県助成金情報センターまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
下記の会員の社会保険労務士事務所から、ご依頼内容に合った社会保険労務士をご紹介致します。

会員の社会保険労務士

[お問い合わせ先]

  • 助成金活用喜びの声
  • あなたが受給できる助成金は?無料 助成金受給診断はこちらをクリック