三重県 オンリーワン企業育成技術開発支援事業補助金

補助金の概要

中小企業者等らが、自ら策定した高度化計画に基づき行う「新製品や新技術に関する調査研究・研究開発」にかかる経費の一部を企業の発展段階に応じて助成することにより、オンリーワンを目指した高度化・高付加価値化を推進します。

受給するための条件

募集対象

新商品・新技術に関する研究開発等を行う、三重県内に主たる事務所または事業所を有する中小企業者(会社及び個人)、組合等。

※公設試共同・連携事業枠、チャレンジ事業枠は創業後5年以上を経過した中小企業等。
※オンリーワン事業枠は創業後10年以上を経過した中小企業等。
※中小企業者等の定義については、募集説明資料をご覧ください。

対象事業

  1. 公設試共同・連携事業枠: 県の試験研究機関との共同研究・連携または技術アドバイスを受けて行う研究開発
  2. チャレンジ事業枠: 中小企業者等(単独又は任意グループ)が、十分な調査研究と基礎研究の結果をもとに行う新技術の実用化や新商品の試作のための研究開発
  3. オンリーワン事業枠: 高度化計画の実践評価を踏まえて行うオンリーワンを目指す研究開発

対象課題

次のいずれかに該当し、かつ当該研究開発等を行う中小企業者のイノベーション(技術革新)に寄与するもの

  1. 製品の開発のための技術
  2. 生産、加工又は処理のための技術
  3. 工法の開発のための技術
  4. ソフトウェア、情報処理に関する技術
  5. その他理事長が適当と認めたもの

補助対象経費例

補助対象となる主な対象経費は以下の通りです。

  1. 機械装置・工具器具費
  2. 原材料費
  3. 直接人件費
  4. その他の経費(研究開発に必要な部材等の外注加工に要する経費など)
  5. 特許等の取得に要する経費
  6. 事務費(産学官連携タイプのみ)

※詳細は、募集説明資料をご覧ください。

支給額

(1) 公設試・連携事業枠、チャレンジ事業枠

  150万円~400万円(補助率は対象経費の1/2以内)

(2) オンリーワン事業枠

  600万円~1,000万円(補助率は対象経費の1/3以内)

対象期間

単年度のみ

応募期間

平成24年度分は未定です。

評価方法

産学官の有識者からなる審査委員会において、「事業化計画への実践度・寄与度」、「研究開発の実現可能性」、「財務の健全性」等について評価を行い、交付予定者を決定します。

審査結果の通知

平成24年度分は未定です。

 

助成金申請のご相談は

助成金の申請についてのご相談は、三重県助成金情報センターまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
下記の会員の社会保険労務士事務所から、ご依頼内容に合った社会保険労務士をご紹介致します。

会員の社会保険労務士

[お問い合わせ先]

  • 助成金活用喜びの声
  • あなたが受給できる助成金は?無料 助成金受給診断はこちらをクリック