介護関連の助成金
創業・起業する
高齢者の雇用を促進する
試行採用を行う
雇用の維持を行う
新たな雇い入れを行う
育児をしながら働く女性を雇っている
パートタイマーの雇用管理改善
従業員の能力開発
建設業向け助成金

三重県助成金情報センターからのお知らせ三重県助成金情報センターからのお知らせのRSS

雇用関係助成金が統廃合へ

12/05 更新

厚生労働省は現在36ある助成金を統廃合し、16に削減する方針を固めました。 予算消化割合の低い助...続きを表示

来年1月~、65歳以上も雇用保険の適用対象に

11/14 更新

雇用保険法改正に伴い、来年1月1日より、これまで雇用保険の適用除外となっていた 「65歳以上」の...続きを表示

11月に実施される労基署の重点監督を含む「過重労働解消キャンペーン」

11/11 更新

近年、心身を病みうつ病になったり、自殺者が出たりと社会問題にもなっている過重労働。 このように...続きを表示

「65歳超雇用促進助成金」が新設されます。

11/09 更新

現在開催されている臨時国会で、補正予算が組まれ、雇用関係助成金の見直し・新設等が予定されています。...続きを表示

介護給付の年間実受給者数が600万人を超えました

10/31 更新

厚生労働省は8月31日、「平成27年度 介護給付費等実態調査の概況」を公表しました。 これは、平...続きを表示

過去のお知らせを表示する

三重県助成金情報センターについて

助成金の活用をサポートします!

三重県助成金情報センターは、助成金の情報提供と申請のお手伝いをするために、三重県内の社会保険労務士を中心に構成されたNPOです。
企業の皆様が、助成金申請を検討する際、「膨大な数の助成金からどれが使えるか分からない」とか、「受給条件に当てはまるか分からない」とか、「申請業務に手間がかかりすぎる」とかいった、煩わしさを感じる事があると思います。あまり良く知られていない事かもしれませんが、助成金の申請業務は、社会保険労務士の独占業務に指定されていて、社会保険労務士は、助成金申請を企業の皆様に代わって行う事ができます。
しかしながら、膨大な助成金と、そのそれぞれについて細かな情報が必要な事、ご依頼主の業態への理解など、一つの社会保険労務士事務所では完璧なサービスを提供する事はなかなか困難です。
私ども三重県助成金情報センターでは、厚生労働省、経済産業省を中心とした国の助成金から、地方自治体の助成金まで、多くの助成金情報を収集して提供する事に加えて、会員の社会保険労務士を組織して、ご依頼主の要望に最も合った社会保険労務士をご紹介し、助成金の活用をお手伝いしています。

助成金って何?

助成金は返済不要

助成金は国家政策を実現するために支給されるものです。
助成金は返済する必要のないお金なので、企業経営に大きなメリットとなります。

助成金の財源は労働保険料

厚生労働関係の助成金は、会社が支払っている労働保険料(労災・雇用)の一部を財源としています。保険料を支払うだけでなく制度を有効活用しましょう。

どんな会社がもらえるの?

助成金は国の制度によるものなので、支給を受けるためにはそれぞれの要件がああります。

  • 1. 労働保険の適用事業所であること
  • 2. 労働保険料の滞納がないこと
  • 3. 就業規則、労働者名簿、賃金台帳など、法律で作成が義務づけられている帳簿を備えていること
  • 4. 事前に計画の作成、提出等の手続きを行うこと
  • etc.

助成金申請をお手伝いさせて頂いた企業の方からの声はこちらをご覧下さい。


事業の規模について

このウェブサイトでいう中小企業とは「資本金(出資の額)」または「常用労働者数」のいずれかが下記に該当する会社のことです。どちらも超える場合は大企業となります。

区分 小売業(飲食店含む) サービス業 卸売業 その他の業種
資本(支出の額) 五千万円以下 五千万円以下 一億円以下 三億円以下
常用労働者数 50人以下 100人以下 100人以下 300人以下

助成金申請のご相談は

助成金の申請についてのご相談は、三重県助成金情報センターまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
下記の会員の社会保険労務士事務所から、ご依頼内容に合った社会保険労務士をご紹介致します。

会員の社会保険労務士

[お問い合わせ先]

  • 助成金活用喜びの声
  • あなたが受給できる助成金は?無料 助成金受給診断はこちらをクリック